「蜜蜂と遠雷」綿密な取材で見事に描いたピアニスト達の心。

よくぞこれほどまでに取材したなぁとゆうのが僕の最大の感想です。著者の恩田陸さんが普段からどれほどクラシック音楽に精通しているのかは全く存じ上げませんが、いくらクラシック音楽ファンだったとしてもコンクールとゆうのはただのファンにはなかな関わることのない異質な世界。にもかかわらずここまでリアルに描けるのはよっぽど綿密に取材したんでしょう。事務局だけでなく演奏者側にも。じゃなきゃコンテスタントの心情があんなに細かく描けるわけないですよね。いやぁすごいすごい。

実はわたくしスキピオはピアノの世界にはいろいろと関わっていて、コンクールに参加したことも何回かあります。この小説のモデルにもなった浜松国際ピアノコンクールは浜松で三年に一度開催される世界的に有名で非常にハイレベルなコンクールですが、僕は聴衆として何度かこのコンクールを見に行ったことがあります。友人が参加してたり知ってる先生が審査員をしてたりで、僕はただ見てるだけにも関わらず非常に深い思い入れがあります。

こうゆう実在のイベントを題材として書かれた小説ってゆうのは毎回、「こんなこと現実ではありえない」とか「そんなに甘くないよ」とかゆう批判が沸き起こるのが常です。僕もピアノコンクールの実情をある程度知ってる身としてはもちろん現実と違う部分がひっかかるわけですが、そんなのは小説なんだから当たり前なわけで、業界人ぶってあーだこーだいうのはナンセンスなわけです。一つの物語として単純に楽しめばいいのではないでしょうか。僕は結構そうゆうところの切り替えが簡単にできるので、あまり細かいことは気になりませんでした。

とはいえあまり心に残るものが多くないとゆうのも正直な気持ち。直木賞と本屋大賞受賞とゆうことで、もちろん読みやすく多くの人に愛される作品だとは思いますが、良くも悪くもエンターテインメント小説といいますか、「ドラマとか映画化されやすそうな感じ」といった印象を受けました。とゆうか実際に映画化されるそうです。ちなみに読んだ方はわかってくれるかと思いますが、映画にキャスティングされた松坂桃李くんは僕的にはぴったりの配役だと思っています。ただ映画館に見に行くかと言ったら行かないでしょう。

でも本は読んで良かったと思ってますよ。次何読むか決めてない人は是非読んでみてください。ピアノに興味がなかった人はもちろん、ピアノ好きでもコンクールとゆうある意味異常なイベントがどんなもんなのか興味がある人にもおすすめです。ちなみに次回の浜松国際ピアノコンクールは2021年です。興味があればぜひチェックしてみてください!

[btn class=”big rich_yellow”]Amazonで買う[/btn]

[btn class=”big rich_pink”]楽天で買う[/btn]


俺はまだ、神に愛されているだろうか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。

著者渾身、文句なしの最高傑作!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

amazonより

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 : 佐藤航陽

みなさんこんにちは!スキピオ(@scipiomagazine)です!

このブログでも何度か書いていますが、僕は小さいころからピアノを演奏し始めて大学も音楽学部に進み、大人になった今でも音楽を仕事にしています。

音楽家こそこの世で一番偉い存在だとずっと思い続けてきまして、現在もその気持ちは変わっておりません。

よって今まで経済とゆうものに全く縁がなく、興味もなく、もっと言うと経済や金融などは退屈でつまらないものだと思って学ぶ気も起きませんでした。

しかしながら僕もいい大人になりまして、お金を稼いで暮らしていくにはお金についての知識がなきゃいけないとようやく考え始めてきまして、最近は積極的に学ぶように心がけてきました。

まあ興味がないのは変わりませんが。

そんなこんなでちょっと前に話題になった本、「お金2.0」を読んでみました。

お金についての本ではない

副題に「新しい経済のルールと生き方」とあるように、これからの経済の枠組みや在り方を論じた部分のほうが量的には多いような気がします。

少なくともお金2.0ってゆうような大それた壮大なことではありませんでした。

でもなんてゆうか、この著者の方は僕と年齢が近くて、経営者としてバリバリ活躍していてこうゆう本も書ける日本語力があるってすごいなぁって最初に感じましたね。

感想そこかよって感じですね、はい。

この本では通貨とゆうもののざっくりした歴史や、仮想通貨とは何なのかとゆうざっくりとした解説、それに加え、経済とはそもそも何なのか、これからはどうなっていくのかとゆうざっくりとした予測がなされています。

ここまで読んで勘のいい方はお気づきですね?はい、ほとんどがざっくりしたものです。

でもだからといって別に批判しているわけではありません。

経済やお金の教科書的な内容を期待してこの本を読むと肩透かしを食らうでしょうが、今現在現役で活躍している人がこの先の世界をどう考えているかを知りたいと思って読んで人は、ほぼ期待通りの内容を得られるのではないでしょうか。

僕は後者だったんでおおむね満足です。

興味深かったのは、これからはお金とゆうものは今までほど重要ではなくなってくるとゆうこと。

AIが発達すると人間の仕事が減り、人間の仕事が減るとベーシックインカムのような制度が導入され、お金と時間に余裕ができた人間はエンターテインメントに興じるようになる。

これからは今までの資本主義で重要視されてきた「お金を稼ぐこと」がそれほど重要ではなくなり、それよりもなにか人にはない個性や熱中するものを持っていることが価値を得る。

資本主義ではない価値主義。

想像するのは非常に難しいことですが、僕はこの説明を聞いて胸がわくわくする思いでした。

だって僕の心のど真ん中にあったのは常に音楽であって、それは僕にとってはお金よりも価値があるものだから。

音楽以外の分野でもこれからはお金に変わる価値観が広く認められて世界に広がっていくと考えると、すごく楽しみでなりません。

昨今の起業ブームでよく聞く言葉の一つに「マネタイズ」があります。

まあどこ行っても20代から30代くらいの人はマネタイズマネタイズ言うわけです。

僕も自営業者としていかに音楽をマネタイズするかに苦心して日々過ごしているわけですが、正直つまらないんですよ。まねたいず。

だってもともとお金興味ないんだもん。

好きなことをして生きていくといっても、資本主義社会である以上最終的に考えるのはいかにお金にするかとゆうこと。

それは当然であってしょうがないことなんだけど、もしかしたらこれからはそんなこと考えなくてもいい世の中が来るんじゃないかって気がしてきました。

まあ正直うまく想像はできませんが。

まあとにかく、未来を生きるすべての人が生き生きと何かに情熱をもって過ごしていける世の中になるといいものですね。

以上!スキピオでした!

「ハリーポッターと秘密の部屋」 : J・K・ローリング

みなさんこんにちは!スキピオ(@scipiomagazine)です!

新型キンドルはハリーポッター専用機と化して久しいですが、ようやく二作目である「秘密の部屋」を読み終えました。

前作の賢者の石ではまったく触れたことのなかったハリーポッターの世界に引き込まれ、多少の戸惑いもありましたが、魔法の世界観にも慣れてきて前作よりも冷静に読み進めることができました。

相変わらずの鬼畜っぷりを見せるダーズリー家

一年間の学校生活を修了してダーズリー家に戻るハリーですが、そこではバーノンおじさんを始めとするダーズリー一家の安定した鬼畜っぷりがさっそく発揮されます。

ここまでくるともはや職人芸です。

ダドリー家は当初ハリーが魔法を使うことを恐れていたので以前のような物置暮らしは強要しなかったものの、それでも家畜以下の扱いをします。

食べ物も十分に与えず、お客さんを迎えたときにはハリーには二回の部屋にこもって物音を立てるなと命じます。

そのうち夏休み期間中は魔法の使用が禁止されていると知ったバーノンは、再びハリーを物置に閉じ込めますが、いろいろあってロンとその兄弟たちに救出されます。

ナイスロン。グッジョブです。

この時バーノンにばれてハリーのつかみ合いになるんですが、若いロン達がビールっ腹のバーノンに負けるわけがありません。

おそらくこのシーンは映画ではコミカルに描かれていることでしょう。

とゆうかこのダドリー家の嫌がらせは映画ではあんまり深刻に描かれていないのかも。

僕の頭の中ではそれはもう鬼の所業のような光景が描かれているのですが、そんなにヘビーに考えなくて良いのかも。

物事を深刻に考えてしまう癖があるのです、私。

しかしハリーはこんな逃げ方をして大丈夫なのでしょうか。また来年学校が終わったらこの家に戻ってこなくてはいけないのでは。。。。

ちなみに欧米では基本的に秋に学校が始まって6月くらいに終わって夏はまるまる休みなので、ひと夏の間またダドリー家で過ごさなきゃいけないのでは。。。来年やばいのでは。。。。

それともこれからはずっとロンの家で過ごすのでしょうか。

そうしてもらえばいいのに。ロンの両親もいい人そうだし。兄弟のフレッドとジョージも最初に登場した時は印象悪かったけど、味方になると心強いよね。そうゆうもんだよね人間関係って。

嫌な奴だと思っても友達になっちゃうと最高な奴だと感じたりするんだよね。

30過ぎた今でもそうゆうのあるよ俺。

すみません話が逸れましたね。

マルフォイがだんだんかわいそうに思えてきた

物語には不可欠である悪役、ライバル、嫌われ役。

ハリーポッターシリーズでその大役を担っているのがマルフォイですが、なんだか彼、どんどんかわいそうな奴に見えてきてしょうがないんです。

だって親父はクズだし取り巻きは間抜けだしハリーがどんどんヒーローになっていってマルフォイの影が薄くなってくし。。。

まあこうゆうファンタジーものの悪役ってのはたいてい本当は良いやつで、終盤には仲良くなるみたいな展開があるもんですが。

マルフォイについては親父がガチの悪役ですよね。

現代社会だったら悪徳官僚って感じですよね。汚職まみれですよねきっと。

マルフォイ父はもともとヴォルデモートのガチ信者でヴォルデモートが消えてシャバに戻ってきたとゆう人です。

それで普通にホグワーツの理事とかやれてるんだからどんだけ心が広いんだよこの世界の人たちは。

一旦ダークサイドに落ちたけどダース・シディアスが行方不明になっちゃったからジェダイ復帰しますみたいな感じですか。それでジェダイ評議会に復職ですか。優しい。みんな優しい。

まあマルフォイは親父がそんな感じだから普通はいじめられますよね。

「やーいやーいお前の親父うらぎりもの~」

みたいな感じで。

いじめられないようにするには開き直るしかないですよね。

自らがもっと悪になって恐れられるようにするんですよね。

いじめられっ子がヤンキーになる理論がこれです。

マルフォイも親父が悪だから自分を守るために自分自身が悪になるしかないんですよ。

可哀そうすぎませんか。

生まれつきの悪なんていないんですよ。

環境が彼を悪にしたんです。

でもまだ10歳そこそこだから、今ならまだ間に合う。

数冊後で救われることを願います。

なんかキャラがロードオブザリングと被ってきました。

私の想像力の貧困さが露骨に表れております。

魔法が存在するファンタジーの世界といったら即ロードオブザリングが出てきてしまい、キャラの姿かたちが被り始めました。

でもこれは僕だけではないはず。

ダンブルドアはガンダルフにそっくり。きっと白髪でロン毛で髭も長くてローブ的なものを着て優しく微笑んでいることでしょう。なんとなく名前も似ている。

ハグリッドはギムリ。ハグリッドは大男らしいし、ドワーフであるギムリは小さいんですが、どちらももじゃもじゃの髭を生やしていて、ビールの泡とかが髭について鼻毛もボーボーなはず。

やさしくて勇敢だけど抜けているところもあるみたいな。

そして今回の「秘密の部屋」で新たに登場した妖精のドビーは間違いなくゴラムでしょう。

別名スメアゴル。痩せてて目玉が飛び出てて夜中に合いたくない奴。

しかし最後まで読んでわかりましたが、ゴラムは最後の最後まで信用できない厄介者でしたが、ドビーは本当に主人に虐げられていて見た目が見にくいだけで、中身は良いやつでした。

マルフォイパパから解放された時は勇敢でしたしね。スカッとしましたねあの瞬間は。

次のも読むよ

読み進めていくにつれてマルフォイ一家がどんどん小物になっていくような気がして少しばからり寂しい気もしますが、次作からどんな新キャラが出てくるのか非常に楽しみであります。

前回に続き、考察とも読書感想文ともいえないつたない文章になってしまいましたが、次作をよんだらまたブログに挙げるので、よろしくね!

それではまた!スキピオでした!

「ハリーポッターと賢者の石」 : J・K・ローリング

こんにちは!スキピオです。

今さらかよとゆう声が上がりそうですが、そうです。ハリーポッターです。

最近キンドルを購入し、試しにKindle Unlimitedに申し込んだところ、ハリーポッターがシリーズ全て読めるとゆうことを知りまして、読み始めた次第です。

ハリーポッターが誕生してすでに20年だそうですが、僕は今までまったく読んだことがなく映画も見たことがないので、この機会に読破したいと思っています。

とゆうわけで感想。

ダーズリー家が鬼畜すぎる

「最初の感想がそれかよ」と言われそうですが、マジでこいつらひどすぎじゃありませんか??

このダーズリー家とゆう人達は、バーノンとその奥さんのペチュニアとその息子のダドリーの三人家族のこと。

訳あって彼らはハリーを引き取って、赤ん坊の頃から育てているのです。

まあ育てているとゆうか嫌々一緒に住んでるだけなのですが。

ペチュニアはハリーの母のお姉さんなので、ハリーからするとおばさん一家といった具合です。

つまり親戚なのにも関わらず、この人たちはハリーに鬼畜の所業としか言えないような態度で接します。

まずハリーには自分の部屋を与えられず、階段下の物置のようなところで寝起きすることを強制します。

当然遊びに連れていってくれたりもせず、誕生日プレゼントももらえず、都市の近いダドリー(いとこ)にはめちゃくちゃにいじめられます。

いやまじでこいつらクズすぎます。

なんとゆうか、典型的な嫌な奴らなんですよ。物語なんでその後ハリーが旅立って成長していってこいつらは幸せにはなれないとわかっているんです。

わかっていてもめっちゃ腹立つ。

てゆうかハリーはよくグレずに育ったものです。

普通だったらこんなんすぐ家を飛び出して非合法組織の仲間入りするに決まってます。

まあまだハリーは10歳なのでグレるには早すぎたのかも知れませんが。

それにしてもまっすぐな良い子です。

ぜひとも幸せになっていただきたい。

マルフォイ嫌な奴すぎる

どの学校は会社やサークル行っても絶対この手の奴はいるもんです。

ジャイアン的なキャラでしょうか。ちょっと違うか。

まあ主人公のライバルで悪役で邪悪な存在です。

マルフォイはハリーと同級生なのですが、典型的な嫌な奴で弱い者いじめを生業としています。

ジャイアントちょっと違うのは、ジャイアンは体がでかいだけで頭が悪く性格も幼いほとんどゴリラ(ひどい言われよう)なんですが、マルフォイは知性があり、良いとこの子なんです。

お金持ちな家柄で教育もしっかりしているので余計ムカつくわけです。

しかもこの人のお父さんはヴォルデモート(この世界のラスボス)の元信者で、悪評が絶えない人物です。

映画を見てないのでどんな姿形かわかりませんが、おそらく親子そろってやせ形で顔色は青白く、ニタニタ笑うようなキャラでしょう。無駄にスタイルが良いことでしょう。

しかしマルフォイはまだ10歳。まだまだ人格矯正には間に合います。

僕はまだ1巻しか読んでないので先はわかりませんが、実はマルフォイはかわいそうな奴なんじゃないかと予想しています。

親父が邪悪なやつだから性格がひん曲がっちゃったけど、本当はもっと無邪気なやつでみんなと仲良くやりたいみたいな。

家がストレスだから学校で爆発しちゃうみたいな。

親父に認められたいからハリーをライバル視するみたいな。

どうでしょう。全然違ったりして。

まあこれについては今後読み進めて確認したいと思います。

クィディッチのルールわからなすぎる

魔法の世界での超人気スポーツ「クィディッチ」。

読者の想像力が試されるスポーツですが、僕のイマジネーションではなかなか難しいものがあります。

なんかボールが二種類あって片方はたまにしか出てこなくてそれを取ると高得点だからほとんどそれで試合が決まっちゃうみたいな。

それを取る係がハリーですみたいな。

なんか馬鹿っぽい説明ですねすみません。

これこそ映画で見ると迫力満点になりそうな気がします。

なんせほうきにまたがって空を飛び回るんですから。

映画については本をすべて読み終わってから見たいと思っております。

自分の想像との答え合わせ的な意味も含めてまたブログに書きますよ。

ハリーはこのスポーツで一躍スターになります。

感慨深いものです。

幼いころから親戚に虐げられ階段下で埃だらけになって育ったハリーが、環境が変わって一気に人気スポーツのスターですから。

人間その身を置く環境次第で全て変わってしまうのかもしれません。

自分が輝けていないと悩んでいる人は、思い切って住む場所や付き合う人を変えてみたらいかがでしょうか。

続きが気になる

話が脱線しましたが、ハリーはこれからもどんどん成長していって皆を驚かせてくれることでしょう。

一巻は非常にわかりやすいストーリーで、出てくるキャラも典型的な奴ばかり。

想像しやすくてどんどん読み進めることができました。

普通におもしろいです。もっと早く読めばよかった。

これはふだん本を読まない人でも楽しめますね。これだけ世界中で人気になったわけが分かるような気がします。

願わくばいつかマルフォイも改心していいやつになって、ダーズリー家の人も割と大きめの天罰が下ったのちに改心してくれる展開を望みます。

とゆうわけで、次の作品である「ハリーポッターと秘密の部屋」も読んでいきますよ~。

 

 

塩野七生の「ローマ人の物語」はめっちゃ長いけど超おもしろいよ

みなさんこんにちは!スキピオ(@scipiopiano)です!

今回から僕の好きな本をちょこちょこ紹介していきたいと思いますが、特に新刊でもなくジャンルも気にせず読書感想文的になってしまう危険性が多分に含まれていますのでご注意ください。

さて今回は僕が大好きなシリーズである「ローマ人の物語」です。

はい、地中海を中心に西はブリテン島から東はメソポタミアまで一大支配圏を気づいた古代ローマのお話です。

ローマはいかにしてその大帝国を築いたのか、どう衰退していったのか、その長い歴史のなかで現れた英雄たちや戦争、キリスト教、皇帝たち。

さまざまな考察が語られています。

ローマに関する本は世界中でたくさん出版されていますが、この本の特徴としては「学術書ではない」とゆうことですね。

本の冒頭にも塩野七生さん自身が書いていますが、”学者が書いたローマ本”ではなく”作家が書いたローマ本”であるとゆうのが人気の一つではないでしょうか。

つまり歴史書にありがちな堅苦しい専門用語やわかりづらい文章といったものは一切なく、ローマ時代を生きた人間たちの内面にフォーカスしていて、まさに「ローマ人」のお話になっています。

塩野さん独自の考察もたくさんあります。

なんせこのかた実際にローマの遺跡を回りまくってその目で見て現在はイタリア人と結婚してローマに住んでるくらいです。

ローマオタクなわけです。

それでいて感情的になりすぎずにある種冷徹とも思えるほど冷静に解説しているので、学術書としても非常に有用になっているのではないでしょうか。

それにしてもこの本を読んで初めて知ることが多いこと多いこと。

僕が世界史を好きになったのはこの本がきっかけです。

この本を読んでもっと世界のことを知りたくなりました。

世界史を学ぶといかに人類が同じ過ちを繰り返しているか実感しますよ。

それも何千年も前から。。

読書メモ

さてここからは僕がこの本を読んで印象に残ったことを何の脈絡もなく書きなぐっていきたいと思います。

カエサルは皇帝じゃなかった

はい。カエサルといったら「賽は投げられた」の名台詞が有名で5年連続流行語大賞を受賞しましたが(うそ)、この人皇帝だとずっと勘違いしてました。

実際は「終身独裁官」といった身分だったそうで、まあほとんど皇帝みたいなもんなんですけどね。

それまでいろいろ分散していた権力をすべて集めて、しかも「終身」とあるように死ぬまで権利を持ち続けるといった身分です。

彼自身が作りました。

実際皇帝と呼ばれるポジションは、カエサルが後継者に指名したアウグストゥスが就任したのが始めです。

これから”カエサル”と”アウグストゥス”とゆう名前自体が「皇帝」を意味するようになりました。

今のイタリア人と全然違う

これは実際にイタリア人と結婚しイタリアに住んでいる塩野七生さん自身がかいていることですが、古代ローマ人と現代のイタリア人は本当に同じ民族なのかと疑いたくなるほどに違います。

どのように違うのか。

古代ローマ人

めちゃめちゃシステマティック。地中海中に張り巡らせた街道は現在でも使える。上下水道完備。道路工事がめっちゃ早い。理性的。

現代イタリア人

超適当。車の運転荒すぎ。工事遅すぎ。道路工事とかずっとやってる。道一つの工事で余裕で一年以上かかる。理性なし。感情で生きてる。

といった感じです。これはイタリアに留学していた僕も納得の内容です。

皇帝殺されすぎ

古代ローマは現代にも通じるシステムを多く作った当時としては非常に先進的な国家でした。

ヨーロッパにおいてはローマに支配された時代をもって「近代化」とされています。

チャーチルはこのローマ支配による近代化がドイツよりも早いことを自慢していたそうです。

法律が整備されていたことも特徴です。

様々な権力を監視するシステムがあり、皇帝といえども市民と元老院の承認がなければ何もできない存在でした。

「皇帝」とゆう言葉から連想されるような無敵の権力者とゆうわけではなかったようです。

それほどまでに法律が整備されていながら、歴代の皇帝たちはめちゃくちゃ暗殺されます。

カエサルの暗殺は非常に有名ですが、それ以降もそれはそれは多くの皇帝が殺されまくります。

ローマの皇帝は元老院議員としてのシビリアンと軍団のトップとしてのミリタリー両方をかねていました。

皇帝が気に入らない軍団兵が皇帝を殺して、自分たちの将軍を皇帝に推挙するなんてことがものすごくたくさん起きました。

これだけ近代化されていた国家でもやはり古代であることに変わりはないんですね。。。

とにかく長いよ

はい、この本文庫版で全部で43巻まであります。

なので一気に読むのが辛いとゆう方は一年くらいかけて他の本も読みながらゆっくり読み進めていくといいかと思います。

ゆっくりでいいけど絶対最後まで読み終えたほうがいいよ!

ローマ史を知ることで現代にも活かせることがたくさんあります。

まじで現代の問題がそのままローマでも起きています。

愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ。

歴史を学んで自分の人生のヒントを得ましょう!

それではまた!