「ハリーポッターと秘密の部屋」 : J・K・ローリング

みなさんこんにちは!スキピオ(@scipiomagazine)です!

新型キンドルはハリーポッター専用機と化して久しいですが、ようやく二作目である「秘密の部屋」を読み終えました。

前作の賢者の石ではまったく触れたことのなかったハリーポッターの世界に引き込まれ、多少の戸惑いもありましたが、魔法の世界観にも慣れてきて前作よりも冷静に読み進めることができました。

相変わらずの鬼畜っぷりを見せるダーズリー家

一年間の学校生活を修了してダーズリー家に戻るハリーですが、そこではバーノンおじさんを始めとするダーズリー一家の安定した鬼畜っぷりがさっそく発揮されます。

ここまでくるともはや職人芸です。

ダドリー家は当初ハリーが魔法を使うことを恐れていたので以前のような物置暮らしは強要しなかったものの、それでも家畜以下の扱いをします。

食べ物も十分に与えず、お客さんを迎えたときにはハリーには二回の部屋にこもって物音を立てるなと命じます。

そのうち夏休み期間中は魔法の使用が禁止されていると知ったバーノンは、再びハリーを物置に閉じ込めますが、いろいろあってロンとその兄弟たちに救出されます。

ナイスロン。グッジョブです。

この時バーノンにばれてハリーのつかみ合いになるんですが、若いロン達がビールっ腹のバーノンに負けるわけがありません。

おそらくこのシーンは映画ではコミカルに描かれていることでしょう。

とゆうかこのダドリー家の嫌がらせは映画ではあんまり深刻に描かれていないのかも。

僕の頭の中ではそれはもう鬼の所業のような光景が描かれているのですが、そんなにヘビーに考えなくて良いのかも。

物事を深刻に考えてしまう癖があるのです、私。

しかしハリーはこんな逃げ方をして大丈夫なのでしょうか。また来年学校が終わったらこの家に戻ってこなくてはいけないのでは。。。。

ちなみに欧米では基本的に秋に学校が始まって6月くらいに終わって夏はまるまる休みなので、ひと夏の間またダドリー家で過ごさなきゃいけないのでは。。。来年やばいのでは。。。。

それともこれからはずっとロンの家で過ごすのでしょうか。

そうしてもらえばいいのに。ロンの両親もいい人そうだし。兄弟のフレッドとジョージも最初に登場した時は印象悪かったけど、味方になると心強いよね。そうゆうもんだよね人間関係って。

嫌な奴だと思っても友達になっちゃうと最高な奴だと感じたりするんだよね。

30過ぎた今でもそうゆうのあるよ俺。

すみません話が逸れましたね。

マルフォイがだんだんかわいそうに思えてきた

物語には不可欠である悪役、ライバル、嫌われ役。

ハリーポッターシリーズでその大役を担っているのがマルフォイですが、なんだか彼、どんどんかわいそうな奴に見えてきてしょうがないんです。

だって親父はクズだし取り巻きは間抜けだしハリーがどんどんヒーローになっていってマルフォイの影が薄くなってくし。。。

まあこうゆうファンタジーものの悪役ってのはたいてい本当は良いやつで、終盤には仲良くなるみたいな展開があるもんですが。

マルフォイについては親父がガチの悪役ですよね。

現代社会だったら悪徳官僚って感じですよね。汚職まみれですよねきっと。

マルフォイ父はもともとヴォルデモートのガチ信者でヴォルデモートが消えてシャバに戻ってきたとゆう人です。

それで普通にホグワーツの理事とかやれてるんだからどんだけ心が広いんだよこの世界の人たちは。

一旦ダークサイドに落ちたけどダース・シディアスが行方不明になっちゃったからジェダイ復帰しますみたいな感じですか。それでジェダイ評議会に復職ですか。優しい。みんな優しい。

まあマルフォイは親父がそんな感じだから普通はいじめられますよね。

「やーいやーいお前の親父うらぎりもの~」

みたいな感じで。

いじめられないようにするには開き直るしかないですよね。

自らがもっと悪になって恐れられるようにするんですよね。

いじめられっ子がヤンキーになる理論がこれです。

マルフォイも親父が悪だから自分を守るために自分自身が悪になるしかないんですよ。

可哀そうすぎませんか。

生まれつきの悪なんていないんですよ。

環境が彼を悪にしたんです。

でもまだ10歳そこそこだから、今ならまだ間に合う。

数冊後で救われることを願います。

なんかキャラがロードオブザリングと被ってきました。

私の想像力の貧困さが露骨に表れております。

魔法が存在するファンタジーの世界といったら即ロードオブザリングが出てきてしまい、キャラの姿かたちが被り始めました。

でもこれは僕だけではないはず。

ダンブルドアはガンダルフにそっくり。きっと白髪でロン毛で髭も長くてローブ的なものを着て優しく微笑んでいることでしょう。なんとなく名前も似ている。

ハグリッドはギムリ。ハグリッドは大男らしいし、ドワーフであるギムリは小さいんですが、どちらももじゃもじゃの髭を生やしていて、ビールの泡とかが髭について鼻毛もボーボーなはず。

やさしくて勇敢だけど抜けているところもあるみたいな。

そして今回の「秘密の部屋」で新たに登場した妖精のドビーは間違いなくゴラムでしょう。

別名スメアゴル。痩せてて目玉が飛び出てて夜中に合いたくない奴。

しかし最後まで読んでわかりましたが、ゴラムは最後の最後まで信用できない厄介者でしたが、ドビーは本当に主人に虐げられていて見た目が見にくいだけで、中身は良いやつでした。

マルフォイパパから解放された時は勇敢でしたしね。スカッとしましたねあの瞬間は。

次のも読むよ

読み進めていくにつれてマルフォイ一家がどんどん小物になっていくような気がして少しばからり寂しい気もしますが、次作からどんな新キャラが出てくるのか非常に楽しみであります。

前回に続き、考察とも読書感想文ともいえないつたない文章になってしまいましたが、次作をよんだらまたブログに挙げるので、よろしくね!

それではまた!スキピオでした!

「ハリーポッターと賢者の石」 : J・K・ローリング

こんにちは!スキピオです。

今さらかよとゆう声が上がりそうですが、そうです。ハリーポッターです。

最近キンドルを購入し、試しにKindle Unlimitedに申し込んだところ、ハリーポッターがシリーズ全て読めるとゆうことを知りまして、読み始めた次第です。

ハリーポッターが誕生してすでに20年だそうですが、僕は今までまったく読んだことがなく映画も見たことがないので、この機会に読破したいと思っています。

とゆうわけで感想。

ダーズリー家が鬼畜すぎる

「最初の感想がそれかよ」と言われそうですが、マジでこいつらひどすぎじゃありませんか??

このダーズリー家とゆう人達は、バーノンとその奥さんのペチュニアとその息子のダドリーの三人家族のこと。

訳あって彼らはハリーを引き取って、赤ん坊の頃から育てているのです。

まあ育てているとゆうか嫌々一緒に住んでるだけなのですが。

ペチュニアはハリーの母のお姉さんなので、ハリーからするとおばさん一家といった具合です。

つまり親戚なのにも関わらず、この人たちはハリーに鬼畜の所業としか言えないような態度で接します。

まずハリーには自分の部屋を与えられず、階段下の物置のようなところで寝起きすることを強制します。

当然遊びに連れていってくれたりもせず、誕生日プレゼントももらえず、都市の近いダドリー(いとこ)にはめちゃくちゃにいじめられます。

いやまじでこいつらクズすぎます。

なんとゆうか、典型的な嫌な奴らなんですよ。物語なんでその後ハリーが旅立って成長していってこいつらは幸せにはなれないとわかっているんです。

わかっていてもめっちゃ腹立つ。

てゆうかハリーはよくグレずに育ったものです。

普通だったらこんなんすぐ家を飛び出して非合法組織の仲間入りするに決まってます。

まあまだハリーは10歳なのでグレるには早すぎたのかも知れませんが。

それにしてもまっすぐな良い子です。

ぜひとも幸せになっていただきたい。

マルフォイ嫌な奴すぎる

どの学校は会社やサークル行っても絶対この手の奴はいるもんです。

ジャイアン的なキャラでしょうか。ちょっと違うか。

まあ主人公のライバルで悪役で邪悪な存在です。

マルフォイはハリーと同級生なのですが、典型的な嫌な奴で弱い者いじめを生業としています。

ジャイアントちょっと違うのは、ジャイアンは体がでかいだけで頭が悪く性格も幼いほとんどゴリラ(ひどい言われよう)なんですが、マルフォイは知性があり、良いとこの子なんです。

お金持ちな家柄で教育もしっかりしているので余計ムカつくわけです。

しかもこの人のお父さんはヴォルデモート(この世界のラスボス)の元信者で、悪評が絶えない人物です。

映画を見てないのでどんな姿形かわかりませんが、おそらく親子そろってやせ形で顔色は青白く、ニタニタ笑うようなキャラでしょう。無駄にスタイルが良いことでしょう。

しかしマルフォイはまだ10歳。まだまだ人格矯正には間に合います。

僕はまだ1巻しか読んでないので先はわかりませんが、実はマルフォイはかわいそうな奴なんじゃないかと予想しています。

親父が邪悪なやつだから性格がひん曲がっちゃったけど、本当はもっと無邪気なやつでみんなと仲良くやりたいみたいな。

家がストレスだから学校で爆発しちゃうみたいな。

親父に認められたいからハリーをライバル視するみたいな。

どうでしょう。全然違ったりして。

まあこれについては今後読み進めて確認したいと思います。

クィディッチのルールわからなすぎる

魔法の世界での超人気スポーツ「クィディッチ」。

読者の想像力が試されるスポーツですが、僕のイマジネーションではなかなか難しいものがあります。

なんかボールが二種類あって片方はたまにしか出てこなくてそれを取ると高得点だからほとんどそれで試合が決まっちゃうみたいな。

それを取る係がハリーですみたいな。

なんか馬鹿っぽい説明ですねすみません。

これこそ映画で見ると迫力満点になりそうな気がします。

なんせほうきにまたがって空を飛び回るんですから。

映画については本をすべて読み終わってから見たいと思っております。

自分の想像との答え合わせ的な意味も含めてまたブログに書きますよ。

ハリーはこのスポーツで一躍スターになります。

感慨深いものです。

幼いころから親戚に虐げられ階段下で埃だらけになって育ったハリーが、環境が変わって一気に人気スポーツのスターですから。

人間その身を置く環境次第で全て変わってしまうのかもしれません。

自分が輝けていないと悩んでいる人は、思い切って住む場所や付き合う人を変えてみたらいかがでしょうか。

続きが気になる

話が脱線しましたが、ハリーはこれからもどんどん成長していって皆を驚かせてくれることでしょう。

一巻は非常にわかりやすいストーリーで、出てくるキャラも典型的な奴ばかり。

想像しやすくてどんどん読み進めることができました。

普通におもしろいです。もっと早く読めばよかった。

これはふだん本を読まない人でも楽しめますね。これだけ世界中で人気になったわけが分かるような気がします。

願わくばいつかマルフォイも改心していいやつになって、ダーズリー家の人も割と大きめの天罰が下ったのちに改心してくれる展開を望みます。

とゆうわけで、次の作品である「ハリーポッターと秘密の部屋」も読んでいきますよ~。