「グリーンブック」第91回アカデミー賞作品賞・助演男優賞受賞作品。


時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、家族や周囲から愛されていた。コパカバーナが改装のために休業となった時、トニーはある黒人ピアニストにコンサートツアーの運転手として雇われる。彼の名前はドクター・シャーリー、巨匠ストラヴィンスキーから「神の域の技巧」と絶賛され、ケネディ大統領のためにホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか黒人には危険な南部を目指していた。

何度この映画の予告編を見ても気づかず、映画を見に行く直前にキャストを調べていて初めて知りました。主演の黒人ピアニストの用心棒役の俳優がロードオブザリングのアラゴルンだったことを。。。

いきなりどうでもいい書き出しから始まってしまいましたが、かつて中つ国で悪の軍団を倒した英雄を演じたヴィゴ・モーテンセンは、今回このグリーンブックでイタリア系用心棒のトニー・リップを演じるにあたり20キロもの増量をしたそう。加齢による肥満ではなかった。プロ根性のなせる業だったわけですね。失礼いたしました。

しかしこのヴィゴ・モーテンセン、体を変えただけではなく劇中ではブロンクス生まれで育ちは悪くて荒っぽいけど愛情たっぷりで人間臭さ満載の複雑な役を見事に演じ切っています。いやぁホント、お見事。イタリア移民同士でイタリア語で話す様子とか、ちょっと訛った英語とか、粗野で荒っぽいけどどこか憎めない仕草とか、アラゴルン時代の洗練された貴族っぽさのかけらも残っていません。

一見して相性の悪そうな二人が絆を深めていくロードムービーとゆうのは他にもたくさんありますが、差別をテーマにしている映画としてはこれほど内面の描写に重きを置いたものはあまり多くはないのではないでしょうか。

主人公が黒人であることを理由としたトラブルが劇中では多く起きますが、そのトラブルをいかに痛快に解決していくかではなく、差別に直面した者たちの心の揺れや信念が非常に鮮やかに描かれていた印象を受けました。それに差別する側の心理も。

この時代のアメリカ、特に南部では有色人種差別がほぼ慣習であるかのように馴染んでいて、人々はそれについて深く考えることもなかったのだと思います。今の時代の日本においても、自分たちが意識してないだけで似たようなことがあるのかもしれませんね。

この映画は実話をもとに製作されていて、主人公の黒人ピアニスト、ドン・シャーリーは本当にカーネギーホールに住んでいたそうな。あとこの映画の脚本を手掛けたのはトニー・リップの本当の息子さんであるニック・バレロンガ。

にしてもこの時代の黒人アーティストって実はインテリが多いですよね。このドン・シャーリーももともとはクラシックを学んでいてレニングラード音楽院(今のサンクトペテルブルグ)に留学していた経験もあるそう。有名なトランぺッターであるマイルス・デイビスも父親は歯医者でかなり裕福だったそうな。

今回アカデミー作品賞とゆう栄誉に預かったこの映画ですが、差別がテーマでもショッキングな暴力描写はほとんどなく、最後は希望をもって見終わることのできる清々しい作品でした。これぞアカデミー賞といった感じでしょうか。見てない方は是非どうぞ!