ラ・ラ・ランドとグレイテストショーマンどっちが好きですか?

ミュージカル

私はどっちも好きです。どうも、スキピオです。

先日アマゾンのサイトを見ていたらラ・ラ・ランドがプライムビデオに追加されていました。

あれだけ話題になって、youtubeとかでも弾いてみた動画が溢れかえっていたりしているにも関わらず、なぜか今まで見ようとゆう気が起きずにいたんですが、これは良いタイミングなので見てみることにしました。

結果、素晴らしい映画でしたよ。ほんと。

僕は天邪鬼なところがあって、あまりにも有名な映画とか話題になったものは今一好きになれないところがあったんです。

例えば「タイタニック」とか「ショーシャンクの空に」とか。

なにがいいのかわからないものがたくさんあったんですが、ラ・ラ・ランドは最高でした。

イヤほんと見て良かった。

惜しむなくは映画館で見なかったことですね。

パソコンの画面にイヤホンの音じゃ音楽的な楽しみは半減していること間違いなしです。

その点グレイテストショーマンは最終日に滑り込みで映画館で鑑賞することができたので、これは本当にラッキーでした。

やっぱ映画はスクリーンで見るべきですよ。臨場感が違う。

話題のミュージカル作品二つの比較

比較といってもどちらが優れているとかゆうナンセンスなことをするつもりはありません。

そんなもんは野暮ってものです。

ぼくはただ好きな映画についてだらだら語るのが好きなんです。

さて、この二つの作品はよく比較されます。

グレイテストショーマンのうたい文句に、「ラ・ラ・ランドのスタッフが手掛けた」とよく言われているんですが、同じスタッフなのは歌の歌詞を担当した人だけ。

その他監督とか演出は違う人です。

なので中身も全然違うんですよ。

それでも二つの作品に共通して言えるのは、希望を持てるような明るい作品だとゆうこと。

両方とも夢を追いかけて苦難に会いながらも愛と友情で乗り越える、ミュージカルこうあるべしとでも言ったような作品です。

歌の魅力だけでなくストーリーに深みがあるラ・ラ・ランド

最初ラ・ラ・ランドを見る前は、きっとストーリーは大したことない軽い映画なんだろうなぁと勝手に思っていたのですが、大間違いでした。すみませんでした。

ネタバレになりますが、主人公の二人は最終的に結ばれません。

出会って、結ばれて、喧嘩して、乗り越えて、結婚してハッピー!

とゆうような単調なお話ではありません。

それぞれが夢を追いかけつつも、うまくいかなかったり、望んだ方向とは違うけれども少し成功したような気になる、でも違う。

どうすればいいかわかっているけどもプライドが邪魔をする。

それを正当化するために人を傷つけて自分も傷つく。

いろいろな細かい感情が繊細に描かれていて、少しフランス映画のような印象をうけました。

最後はハッピーエンドではないと解釈する人も多いらしいんですが、僕はあれが最高のハッピーエンドだと思いますよ。

少し切なくて、長い人生で度々思い出すんだろうな~といったエンディングでした。

この映画は一つ一つの感情の描写が重すぎないところがいいですね。

悲しくなりそうなところも、コミカルな演出で微笑みを誘うような場面がたくさんあります。

王道アメリカンエンターテインメントのグレイテストショーマン

これぞミュージカルです。

これでいいんですこれで。

出だしからわくわくさせてくれて、最後までノンストップでエンディングまで特急運転。

レビューを見ていると、成長していく演出が雑だとか、スピードが速すぎるとか、フリークスを馬鹿にしてるとか、色々なことが書いてありますね。

しかしながら、ミュージカルに限らず映画とゆうものは、まず時間の制約があります。

限られた時間の中でいかに人の人生を描くかが重要なわけで、すべてのシーンを事細かに描写することなど不可能です。

それでもこの映画は小さいころフリークスにもらったリンゴが重要な布石の役割をしていることから、子供時代の様子を一曲にまとめ、スピード感と希望にあふれる演出になっていると思います。

フリークスの描き方は確かに難しいものがあります。

「白人たちが、こうであったらいいなとゆう希望」的に描かれているといったレビューがあり、なるほどと思ってしまいました。

しかしながら、この映画では誰も死にません。傷つきません。最後はみんなが笑って終わります。

ウォーキングデッドなんかが幅を利かせているこの時代、これだけで素晴らしいことだと思いませんか?

喧嘩のシーンもありますが、残酷な描写はまったくありません。

これほどまでに基本に忠実で、起承転結を教科書のように描いてくれている作品は久しぶりに見ました。

たしかにストーリーや演出に深みはないかもしれませんが、いいじゃないですか。ミュージカルなんだからこれはこれで。

細かいことを考えずに、見終わったときは満足感で胸が満たされること間違いなしですよ。

ザッツアメリカンショービズ。

そんな感想です。

元気になれる両作品

しかしやはり悔やまれるのはラ・ラ・ランドを映画館で見れなかったこと。。。。。

ショービズ好きなら食わず嫌いは厳禁ですね。

そんなこんなでだらだら書いてきましたが、二つのミュージカル作品に共通して言えることは、爽やかで前向きで元気になれるってこと!

何かに悩んでいたり、夢をあきらめかけていたり、悲しいことがあったひとは是非一度ご覧ください!